1月
20
2014

利尻ヘアカラートリートメントの成分

利尻ヘアカラーに含まれている全成分利尻ヘアカラートリートメントの一番の魅力であろう「無添加」ですがその成分はいったいどんなものなのか調べてみました。利尻ヘアカラートリートメントの成分は、刺激のあるものや害のあるものを一切使用していない、天然の素材を厳選して使用しています。以下は利尻ヘアカラートリートメントに含まれている全成分の一覧です。・水(特殊水)・ステアラミドプロピルジメチルアミン・ベヘニルアルコール・ミリスチルアルコール・パルミチン酸エチルヘキシル・ミツロウ・ローヤルゼリーエキス・リシリコンブエキス・アルギン酸Na・加水分解シルク・加水分解ケラチン・カキタンニン・乳酸・乳酸Na・水添ヤシ油・ローマカミツレ花エキス・ローズマリーエキス・ミリスチン酸・ボタンエキス・プラセンタエキス・フユボダイジュ花エキス・パーシック油・ニンニクエキス・トコフェロール・センブリエキス・セイヨウキズタエキス・セイヨウアカマツ球果エキス・ステアリン酸グリセリル・ゴボウ根エキス・ゲンチアナエキス・カワラヨモギエキス・カミツレエキス・オランダカラシエキス・オドリコソウ花エキス・オタネニンジンエキス・オクラエキス・エタノール・イソペンチルジオール・アルニカ花エキス・アルテア根エキス・PEG-40水添ヒマシ油・オオウメガサソウ葉エキス・ユズエキス・キトサン・塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン  ・システイニルプロアントシアニジンオリゴマー・PVP・ヒドロキシエチルセルロース・セテアリルグルコシド・ポリ-V-グルタミン酸Na・加水分解コンキオリン・水酸化K・BG・ポリクオタニウム-10・フェノキシエタノール・水溶性アナトー・クチナシ青・シコンエキス・ウコンエキス・4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール・HC青2・HC黄4・塩基性青99 天然成分の特徴利尻ヘアカラートリートメントは天然の成分を使用していますがここでは使用されている成分の特徴をいくつか調べてみました。染料の成分染料に使用している成分のうち、特に大事な成分には天然の植物由来成分を使用しています。(1)アナトーベニノキの種子から取れる色素で黄色~赤色の食品用や化粧品用の色素としてつかわれている。 (2)クチナシクチナシの果実を乾燥させると黄色の着色料になる。発酵させることによって青色の着色料にもなり繊維を染めたり食品用に使われたりする。(3)ウコン健康食品や黄色の着色料として使われており、カレーやからしが代表的である。他にも発毛抑制作用があるとされており、外用剤としても使われている。(4)シコン根が紫色をしており、食品用として使われているが生薬の紫根(シコン)として薬としても使用されている。 トリートメントの成分トリートメントの成分には主に利尻昆布の成分を使用していて髪に栄養をたっぷり与えています。(1)フコダイン昆布などに多く含まれているヌルヌルとした成分。健康食品にも使用されている。フコダインは保水力が非常に高く、髪や頭皮に保水することで髪はうるおい、頭皮もやわらかくなる。そのため、薄毛や抜け毛に効果があるといわれている。(2)アルギン酸フコダインと同じく、昆布や海草に含まれているヌルヌルとした成分。保湿力に優れており、化粧用としてはエイジンクケアの成分として使われている。(3)ミネラル5大栄養素の1つといわれており、カルシウムやマグネシウム、亜鉛などの成分がはいっている。亜鉛などは髪や頭皮には良いとされ、白髪の予防に使われている。 ここには全て書ききれませんが、利尻ヘアカラートリートメントには栄養豊富な天然の成分をたっぷりと使用して髪にも頭皮にも優しい商品となっています。 口コミ情報などはこちらもサイトを参考にしています。利尻ヘアカラートリートメントの口コミサイト

12月
27
2013

ネット証券Q&A

ネット証券Q&A1Q.ネット証券は未成年でも開設できるのでしょうか?A.すべての証券会社でできるかどうかわかりませんが、未成年の方でも親の同意があれば口座の開設をすることが可能です。 Q.ネット証券の口座開設の時間はどのくらいかかるでしょうか。A.早いところだと即日口座開設完了できる会社もあります。たいていの業者であれば1週間弱程度の時間が口座開設には掛かります。 Q.無職でも口座開設は可能でしょうか。A.口座の開設には、職業の有無は問われません。それは銀行と同様です。また、口座開設の際に投資に関わるリスクのアンケートを求められることもあるかと思いますが、そのアンケート回答によって口座開設がNGになるということもありません。過去に証券会社との間に金銭トラブルがあったとか、反社会精力に所属されている場合にいたっては口座開設がお断りになる可能性もあります。しかし、無職であるからといって口座開設がNGとなることはありません。 ネット証券Q&A2Q.証券会社に口座を開設する際、一般口座と特定口座を選んでといわれましたが、どちらを選択すればいいでしょうか。A.特定口座は、利益の納税の税務処理を簡単にしてくれる口座となっています。特定口座を開設することで、取引に関わる源泉徴収を自動的にしてくれます。納税処理が楽になります。一般口座だと、納税処理を自分でやることになりますので、手間が増えます。特に理由がなければ特定口座を選択しましょう。 Q.投資資金はどのようにネット証券に入金したらいいでしょうか。A.証券会社に開設した口座に銀行口座からお金を振り込めば入金が完了します。証券会社に開設した口座は、郵送で連絡がされているはずですので郵送されてきた書類をもう一度良く確認してみましょう。 Q.どの証券会社を選べばいいでしょう。A.基本的にはあなたの好きな証券会社を選べばいいですが、証券会社の倒産を気にしないためにも資本金が多かったり財務がしっかりしている証券会社を選択しましょう

12月
04
2013

法人カードの年会費はどのくらい?

法人カードは、元々は大企業などで使われるコーポレートカードが主流であり、年会費が高めだったのですが、近年になり中小企業や、個人事業主でも経理事務の簡略化のために法人登録したカードを持つようになってきました。そのためカード会社は年会費が安い、気軽に使える法人カードを発行してくれるようになってきました。 年会費は各カード会社によってまちまちですが、本当に安いものなら1,000円~10,000円からでカードを発行できる会社があります。高いものなら3万円台といったカードもあります。(参考サイト:法人カードランキングと口コミ) 各カード会社の年会費比較。カードには一般カードとゴールドカードといった、サービスや特典でグレードを分けているカードもあり、それによっても年会費は変わります。以下は年会費の一例になります。 アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード年会費27,300円。 ダイナースクラブカード年会費15,750円 三井住友VISA法人カード年会費 ゴールド会員10,500円クラシック会員1,312円 JCBゴールド法人カード年会費ゴールド会員10,500円 一般会員1,312円 高い年会費が理由でカードを作りづらい人もいると思います。カード会社の中にはそういう人たちのために年会費無料で発行しているところもあります。 例えばライフカードコーポレートです。年会費が永久無料。しかし利用限度額が10~5百万円とお得なカードとなっています。 NTTファイナンスのNTTグループカード(法人用)も、年会費は永年無料でありながら、月の利用額に応じてドコモポイントやANAマイレージとのポイント交換ができるサービスを行っています。 IDEEXのコーポレートカードも年会費は永久無料。しかしキャッシュバック特典が付くなど、サービスは一般カードと引けをとりません。 三井住友VISAカードの法人カード。こちらは基本的には有料ですが期間限定で初年度無料のキャンペーンを行っていますアメリカンエキスプレスビジネスゴールドカードなども時期によって、初年度無料キャンペーンを行うことがあります。